オフィシャルブログ

入社1年目の業務内容

入社1年目の業務内容は、「覚えること」になります。

基本は樹脂の仕分け作業と緑地作業になります。

樹脂の仕分け作業で、特にプラスチック製品原料としての樹脂を覚えることが重要となります。100種類は見分けがつくようになる必要があります。
樹脂名が同じでも、製品原料となると、紫外線や衝撃に強くするため添加剤が加えられることも、用途に合わせて成型しやすくするためにも手が加えられています。こうしたものはメーカー毎にグレードという形で種類が分けられています。
グレードが違えば成型条件が変わりますので、同じ樹脂であっても一括りにできません。
これらを覚えるためには、最初は事務所のバックヤードにいて、先輩社員が持ち帰ってくる樹脂を一緒に仕分けすることが重要となります。
どこの工場でどんな樹脂が使われ、どんなグレードがあるかが分かると、樹脂の特定がしやすくなります。
また、弊社では障がい者グループを招いて仕分け作業を行っております。これの検品作業も樹脂を覚えるのに役に立ちます。
樹脂名を意識ながら触ることで、質感(硬度、外観、重量密度)から該当樹脂を絞っていくことができます。
樹脂を回収する立場になったときに、回収樹脂がきちんと仕分できているかの確認が必要であるし、御担当者様と確認等ができることが必要になるので、樹脂が分かる事は仕事の基礎になります。

緑地作業は半日から1日作業になることが多いです。
つまり、御取引先工場の中で過ごすことで、色々なものが目に入ります。
樋が古くなって破損しているのを見つけたり、通常置かれていないものが置いてあることで確認をしたりすることもあります。また、少なくとも御取引先御担当者様は緑地作業をしていれば弊社の者と分かりますので、いろんな伝達事項や確認事項を言われたりすることがあります。こうして御担当者様とコミュニケーションをとることが増え、更に、弊社へ求められていることが理解できていきます。

その他、先輩社員の手伝いをすることがあります。これで少しずつですが、排出物と場所に多くの人や中身が繋がっていって血が通っていきます。

こうして1年間は弊社の仕事をする土台を築いていただきます。

(有)アイ・エス・オー 長友